知っておきたい!ペット保険の適切な選び方とは

加入する期間について考えてから選ぶ

ペット保険に加入する際は、まず加入する期間について考えましょう。生後数ヵ月から加入したいのか、ペットが年齢を重ねてきてからなのか、それぞれの期間で、最適なプランの内容が変わってきます。赤ちゃんの時なら、通院したり手術も考えられますので、補償回数が多めなものがお勧めです。高齢期の場合は年齢制限があるので、加入が可能な年齢と補償される内容を確認し、早めに加入しておくことが大切になります。一生涯の場合には、終身加入の可能なプランがあります。

更新が可能な年齢を確認すること

ペット保険への加入を考える際は、ペットがどのくらい生きるのかによって、加入期間についての計画も変わってきます。小型犬の場合には、一般的な平均寿命が14歳前後とされていますが、中型犬や大型犬の場合にはそれより短めだと言われています。そのため、ペット保険に入るなら、平均寿命の目安を考慮しながら加入すると良いでしょう。また、ペット保険には年間の限度日数というものがあります。飼っているペットが怪我をしたり病気になりがちだと感じる方は、限度額になるまでは回数制限が無いプランがお勧めです。

ペット保険は特約の補償内容もチェック

ペット保険には、メインとなる補償内容の他に特約がセットになっているものがあります。特約という表記がない場合もありますが、主に通院や入院、手術などの補償内容以外の補償は、ほぼ特約とみなせます。ただ、セットのプランは特約でも自動付帯になり、外せないことがあります。任意で加入するプランなら、付けるかどうか選択できます。近年はペットのガン手術保険金の特約や、ペット用車椅子など補助器具を購入する費用を補償する特約プランなども登場しています。補償内容をより充実させたいなら、特約の内容を確認して、必要なタイプに入っておくと安心です。

ペット保険は簡単に資料請求することができるのでインターネットから申し込みましょう。保険料もお手頃なので入会しやすいです。