どうすればいい!?高価買取のための毛皮保管方法

着用したらホコリを必ず落とす

ホコリがつきやすい毛皮は、一度着ただけでも沢山の量を吸い込みやすいです。このようなホコリが付いたまま放置していると毛が抜けやすくなり買取価格も下がってしまいますよ。そのため、帰宅したら着用していた毛皮についたホコリを落としましょう。軽く毛皮を叩くだけで落とせるので簡単ですよ。日ごろからマメな手入れをすることが大事です。しばらく家に置いておく際は、専用の毛皮保管ケースに入れておくのもおすすめですよ。

火には近づけないようにする

熱に弱い毛皮は火気厳禁なんです。アイロンを裏地にかけた場合、熱が皮のところまで伝わってしまうと収縮してしまい敗れたり硬くなってしまいます。ハンガーなどに吊るしておいてもシワがとれないならばプロに依頼しましょう。ライターやタバコの火は毛先をこがしてしまう原因になりますよ。皮を新しく取り替えることもできますが、燃えた範囲が広くなると修理する時間やお金がかかるので、日ごろから注意しましょう。特に買取に出す予定の毛皮は火に近づけないように取り扱いましょう。

保管の際は手入れを怠らない

毛皮を買取査定に出す前にしばらく保管する場合は、手入れをして汚れを落としてからにしましょう。汚れがついたままになっていると虫がついてしまいますよ。また蛍光灯や日光も色が変わってしまう原因になるので注意しましょう。クリーニングに出す場合は、毛皮専用のクリーニング法を採用している店舗に持っていきましょう。パウダークリーニングを行っている店舗ならば毛や皮の損傷を防ぐことができますよ。自信のない箇所の対処はプロに任せましょう。

毛皮の買取は買取商品の中でも、非常に高額買取を望めるものです。思いもよらない高額な買取金額で取引される場合もあります。