結婚式に間に合わせたい!結婚指輪はいつまでに選ぶべき?

結婚指輪の納品期間はどのくらい?

結婚式で行う指輪交換は、とてもロマンチックですよね。しかし、結婚式までに結婚指輪の準備ができていないと交換ができません。結婚指輪の納品はどのくらいの期間で準備すればよいのでしょうか。ショップに売っている既製品のものは、納品までの期間が約1カ月であることが多いです。もちろんブランドやデザインにもよりますが、遅くとも1カ月前には決めておきたいですね。また、急ぎの場合はショップによって10~20日程度の納品期間も可能です。緊急の場合には急ぎの対応が可能なショップを探してみると良いでしょう。

アレンジやオーダーの場合はさらに期間が延びる

せっかくの結婚指輪なのだから、既製品ではなくアレンジやセミオーダー、フルオーダーが良いという方もいるでしょう。その場合には、加工したり1から作成したりするため、既製品と比べて納品期間が長くなります。アレンジの場合はどんな加工をするかにもよりますが、既製品よりも2~3週間ほど延びます。セミオーダーの場合はデザインの変更を行ったり、刻印を追加したりするため既製品より1カ月以上延びることが多いです。フルオーダーの場合はすべて初めから作成しますので、3カ月程度かかるでしょう。ブランドによっては6カ月以上かかるため、フルオーダーを希望の方は余裕を持ってオーダーしましょう。

ブランドやデザインにこだわるならば余裕を持って

以上は一般的な納品機関となり、実際にはブランドやショップによって大きく異なります。結婚式の10日前になってから決めるとなると、選べるブランドやデザインに限りが出てしまいます。また、1カ月に作ることのできる指輪には数に限りがあるため、その月の予定数をオーバーしてしまったら対応してもらえません。せっかくの結婚指輪でじっくりと選びたいところですが、結婚式に間に合うように余裕を持って選ぶようにすると良いですよ。

結婚指輪は夫婦が結婚生活の最初にお互いが用意するものであるので比較的費用をかけていくのが望ましいです